保育計画

4月

保育信条

  尊いみ教えを聞いて、仏の子を育てます。

主題

   信 順 (しんじゅん) ~おがみます~

目標

 年少・年少少

  • 手を合わせ、仏さまを拝む。
  • 園や職員に親しみを持ち、喜んで登園する。
  • 園生活のリズムに慣れる。

 年中

  • 合掌・礼拝の態度や習慣を身に付ける。
  • 新しい環境に慣れ、喜んで登園する。
  • 園生活に必要な決まりにそって、園生活を楽しむ。

 年長

  • 正しく合掌・礼拝ができ、心をこめてお参りをする。
  • 年長児になったことを喜び、友達や職員とのかかわりを楽しみながら園生活を送る。
  • 年長児として自覚を持ち、様々なことに進んで取り組もうとする。

主題に寄せて

信 順 ~おがみます~

 仏さまのみ教えを信じて、それに従うことを「信順」といいます。これを子どもたちの行動面で具体的に表すと「仏さまを拝む」ということになります。子どもたちは園での「おまいり」の中で、仏さまに合掌し「なもあみだぶつ」とお念仏を口に称え、礼拝をします。この合掌・礼拝の意味をすぐに理解することはできなくても、繰り返し仏さまを拝むことを通して、やがて無意識のうちに「仏さまとは本当に尊い存在なのだ」という敬いの心が芽生えていくように思われます。

 子どもたちは、お参りをする中で、自分に何らかの利益をもたらしてくれることを期待する取引の相手としてではなく、尊く敬うべき存在として仏さまに手を合わせ、念仏を称え、頭を下げています。また、讃歌を通して「みていてね♪」「きいててね♪」と元気よく口ずさみながら、あるいは「仏さまのお話をよく聞いていつも仲良く遊んでいます。いつでもどこでもそばにいてくださってありがとうございます。今日も元気に集まってみんなでお勤めいたします。」という奉讃のことばを聞くことを通して夜・昼いつでも自分を見守ってくださる、とても身近な存在として仏さまを感じ、「なもあみだぶつ」と呼びかけています。

 人間は悲しみや苦しみの真実によって潰れるのではなく、世界中で誰一人自分を分かってくれる存在がいないと感じた時に心を閉ざすのだと言われています。子どもたちが、いつでもどこでも自分を見守ってくださる存在として仏さまを身近に感じ、「自分は一人ではない」という喜びの中で過ごせるように育んでいきたいと思います。

『こどものはなまつり』

1 おはなあげましょ ささげましょ

  きょうはこどもの はなまつり

  にこにこげんきな おしゃかさま

  みんなでおいわい いたしましょう

2 あまちゃあげましょ ささげましょ

  きょうはこどもの はなまつり

  ちらちられんげの はながふる

  みんなでおいわい いたしましょう

『ちゅーりっぷ』

1 さいた さいた

  ちゅーりっぷのはなが

  ならんだ ならんだ

  あか しろ きいろ

  どのはな みても

  きれいだな      

『せんせとおともだち』

1 せんせいと おともだち

  せんせいと おともだち

  あくしゅをしよう ぎゅぎゅぎゅ

2 せんせいと おともだち

  せんせいと おともだち

  あいさつしよう おはよう

3 せんせいと おともだち

  せんせいと おともだち

  にらめっこしよう めっめっめっ